未分類

子どもにとって保育園は自宅の次に長く過ごす場所なので、保育園環境はとても大切なことです。スターチャイルド浦和保育園は、子どもに関わる全ての人が子育てに対する楽しさや喜び、感動を共有できる保育環境を目指しています。

保護者との信頼関係を大切にしながら、子どもたちの意欲を引き出すためにどのような取り組みをしているのでしょうか?スターチャイルド浦和保育園の特徴や取り組みについてご紹介していきます。

スターチャイルド浦和保育園の特徴

スターチャイルド浦和保育園は、さいたま市浦和区の駅前型保育園として整備された施設です。浦和駅から徒歩3分の場所にあり、保護者が仕事と家庭を両立しやすいような場所に立地しています。

園舎内の床材や家具は木材を多く使用しているため、子ども達は毎日木の温もりを感じながら安心して活動や遊びに取り組むことができます。安全に体を動かす方法を自然に身につけるために、あえて段差をつけるような構造になっているのも大きな特徴です。

園内にプラネタリウムがある

スターチャイルド浦和保育園には、3階にプラネタリウムがあります。天体や宇宙に対して好奇心が広がり、子どもたちの癒し効果も期待できるでしょう。在園児だけでなく他の保育園児や小学生、地域の方にも利用してもらっています。構築や展開に工夫をこらした保育施設であるため、キッズデザイン賞を受賞しました。

自立と挑戦を支援する保育方針

生活習慣においては、基本的に適切な援助を行っていますが自分で考え、自分で行動できるよう見守りながら自立性を促しています。できないことでもすぐ人に頼らず、まずは自分でやろうという気持ち、体験したことのない物事への興味や好奇心が湧くよう保育士が働きかけています。

社会性を身につけるための活動

優しさや思いやりのある子に育てるためには、人とかかわることによって身につきます。遊びや体験を通してお互いに対する思いやりや、忍耐力・協調性などが生まれてくるのです。スターチャイルド浦和保育園では、子ども達の社会性を育てるために商店街のお祭りに参加したり、公立保育園と交流を図ったりしながら地域とのつながりを強めています。

スターチャイルド浦和保育園は家庭的な雰囲気のある建物で、子ども達が毎日楽しめるような質の高い保育に力を入れています。食育や遊び、保育士や地域との交流を大切にしながらのびのびとした保育生活を過ごせることでしょう。

未分類

ハイブリッドマムでは、自社で採用する予定の保育士に、無料語学留学制度を開始したことが話題となっています。

保育士の資格を持っているけれど、新たな可能性にチャレンジをしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。そこで、新しく開催されたのが、こちらの無料語学留学制度です。

ハイブリッドマムでは、語学習得を目指すことで、保育の国際化を目指すという目的があります。無料語学留学においては、英語による、イマージョン教育教師養成プログラムを行っています。

ただの英会話学習だけにとどまらず、これから保育士として就業予定のかたが 英語による保育が出来たり、イマージョン教育を行うための知識を養うことが出来たりと、さまざまなプログラムが実施されています。

こちらのハイブリッドマムによる、無料語学留学制度ですが、留学コースの受講中も、非常に待遇が優れているのが特徴です。プライベート住宅エリアでの語学留学になり、門塀に囲まれている邸宅において、三食付、またメイドサービスが付いているという環境の中での語学留学となります。快適な環境の中で、滞在をすることが出来ますので、かなり貴重な体験が出来るといえるでしょう。

保育士の中でも、自分自身の可能性を広げてみたいという方や、国際的に活躍できる保育士になりたいという方、そしてバイリンガルの保育者・教育者になりたいという夢を持っている方は多いのではないでしょうか。

こういった夢を持っている保育士の方は、この無料語学留学制度を利用することで、保育士としてますます成長することが出来るといえるでしょう。

ハイブリッドマムでは、現在でも希望者を受け付けています。参加する方は、保育士資格、または看護師資格の取得者のみとなっていますので、資格を持っていて、無料語学留学に参加したいという方は、応募フォームから問い合わせるようにしましょう。

参加をするためには、書類選考と面接がありますが、ハイブリッドマムに就業予定の保育士または看護師の方は、留学後、都内の10カ所の施設で働くことが可能となっています。

未分類

子育てをしながら、思い切り働いてみたい…という方、子育てをしながらでも自己実現がしたいと考えているという方も多いのではないでしょうか。

特に、最近では、共働きが多い時代であります。こういった時代に、子育てをしながら、自己実現をすることが出来るラウンジ・スペースがあれば、非常に便利であるといえるでしょう。

ハイブリッドマムによる、「コミュニケーションラウンジ」は、このように、子育てをしながら、小さな子供を見ながらでも、お仕事をして、自己実現をしたいという方に、おすすめのラウンジです。保護者のためのコミュニケーションラウンジであり、ワークスペースとそのスペースが分かれているのも特徴です。

コミュニケーションラウンジでは、たとえば授乳期の方で、子供に授乳が必要な場合でも、仕事をしながら、いつでも授乳をすることが可能です。さらに、個人個人で仕事をするだけではなく、会員同士がコラボレーションをすることが出来る企画が提案されたり、お仕事紹介なども行っているので、これから仕事を探していきたいという方にもおすすめです。

また、資格の取得を、目指しているという方の場合にも、その資格のテーマに沿ったセミナーなどを開催し、紹介してもらうことが出来ます。その他にも、幼児教育に関する情報を提供してもらうことが出来たり、子育て、キャリアアップに関する勉強会なども随時開催されていて、さまざまなコンテンツが提供されているのも特徴です。

料金は、利用料として、月額10000円という料金になります。コミュニケーションラウンジを利用することによって、さまざまな利用特典が付いてくるのも嬉しいところです。

ベビーカーなども預けておくことが出来るので、邪魔にならずに保管しておけます。授乳室も利用料が無料なので、いつでも気軽に利用をすることが出来るといえるでしょう。

1家族に付き、2名までが登録が無料なので、パパとママの登録も可能ですし、さらに、ドリンクルームのドリンクも無料となりますので、飲み物などを持ち込む必要もありません。コピーなども一日10枚無料となっていますので、お仕事を行う際にも、メリットが多彩です。

未分類

ハイブリッドマムの代表取締役社長であり三宅恵里氏は、教育出版関連会社の営業職を経て23歳のときに前職であるコンピューターソフトウェアの開発販売会社を設立。

順風満帆な生活を送ってきましたが、32歳の時に第一子を出産したことを機に生活リズムの大幅な刷新を迫られ、「親子は一緒にいなければならない」という気持ちを抱いたことがキッカケでHybridMomの事業を開始するに至りました。

ハイブリッドマムでは「すべてはおやこのえがおのために」を保育理念として掲げており、日本人としての誇りを大切にしながらも、世界のどこでも活躍できる国際感覚を持った人材の育成に取り組んでいます。

高性能な浄水器や、一流の病院が採用している空気清浄機を導入しているため親子共に安心して過ごすことのできる環境であり、授乳の合間に仕事、あるいは学習ができるスペースを用意して、保護者の社会進出をサポートしています。

そんな三宅恵里代表取締役が推進しているのが「ワークライフバランス」です。ワークライフバランスとは、仕事と生活の中和を意味する言葉であり、保護者が出産前と同様にいち社会人として働くことを当然のものと考え、その上で家庭や地域での生活においても、子育て期から中高年期までの様々なライフステージにおいて、多様な生き方を選択し実現できることを目指します。

ハイブリッドマムは「仕事と育児の推進部門認定企業」として選出された企業であり、各メディアにおいて様々な形で会社の取り組みや三宅恵里代表取締役の考えが紹介されており、新時代に適応した理想的な会社として注目を高めています。実際に代表取締役をはじめ、多くの職員がワークライフバランスの取り組みに深く携わり、より良い社会を創生するために日々力を尽くしています。

それでは、三宅恵里代表取締役の一日の一例を時系列に沿って閲覧していきましょう。

代表取締役は5時に起床して軽い読書を行い、自分自身の準備をするところから一日が始まります。5時30分には息子のお弁当作りを、6時には朝食作りを始め、6時30分に家族みんなで朝ご飯を食べ、7時には息子を学校に送り出します。その後は娘に本を読み、花の水やりを一緒に行い、8時30分に出社します。

9時から18時までは打ち合わせやミーティング、区役所の往訪等の業務をこなし、退社と同時に子供たちと買い物にでかけ、18時30分に夕食を準備し、19時に夕ご飯を取ります。20時には一緒にお風呂に入り、21時寝貸し付けると翌日の準備を整え、23時に就寝して一日が終わります。

このように、優れたバランスで家族と一緒にいる時間と仕事の両方を実現させているのです。

未分類

ハイブリッドマムは保育施設でありながら、外国人の先生による質の高い教育を施していますし、保育における室内環境もトップクラスを誇っています。
小さな子どもにとって室内環境は何物にも代えがたいもので、油断してしまうと一気に感染症などがまん延する可能性すらあります。
もちろんこれらを完ぺきに防ぐことは不可能ですが、加湿器や空気清浄機を用いて予防対策に余念がありません。

ハイブリッドマムは以上のようなこだわりを見せていますが、プリスクール年間行事も公式サイトに掲載されています。

まず4月に入園式があり、そしてこの時期に検診があります。
子どもの健康状態を把握することができるのは嬉しいですよね。

そして5月には、母の日や子どもの日に関するイベントを開催するみたいですし、また保護者も参加するようなピクニックもあるみたいですね。
子どもたちだけではなくて、保護者も参加することによって、家族のきずなもより強固なものとなるでしょう。
そしてこの時期にぎょう虫検査も行われます。

そして6月になると父の日に関するイベントが行われるようですし、保護者による会合も開かれることになります。
他にも運営委員会というものもありますから、6月は保護者にとって少々忙しい時期かもしれません。

7月といえば七夕ですが、ハイブリッドマムにおいても当然七夕イベントは欠かせません。
そして5月に引き続いてまたファミリーピクニックが行われることになりますが、暖かい季節ですから楽しめそうですね。

8月は恒例の夏祭り、そして9月には敬老の日に関するイベントも開催されるみたいです。

そして10月には年度3度目のファミリーピクニックが、そしてスポーツフェスティバルが行われると書かれていますが、これは運動会のことでしょうか。
また10月ということでハロウィンイベントも用意されていますが、現代的ですよね。一昔前では考えられなかったイベントです。

11月になると保育参観や勤労感謝に関するイベントも行われるかもしれません。
また6月に行われた保護者会や運営委員会が11月にもあります。

そして12月には子どもたちが待ちかねているクリスマス会が、そして1月にはお正月に関するイベントがあるみたいですね。

2月は意外と盛り上がる節分イベント、3月はおひな様のイベント、卒園式も開かれることになります。

ハッピーマムでも恐らく同じような年間行事が用意されているのでしょう。
ハイブリッドマムもハッピーマムも、時代に即した保育施設です。

未分類

東京YWCAまきば保育園は、東京都調布市国領にある認可保育園です。
地元の人に愛されている保育園で、公益財団法人の東京YWCAが運営しているようですね。

実は歴史はまだ浅くて、2013年の4月から開園していて、認可保育園ということもあり保育料金は子どもの年や保護者の収入状況によって違ってきます。

東京YWCAまきば保育園は2階建ての建物を使用しており、鉄骨造りとなっています。
この保育園の特徴は様々あるのですが、何よりのポイントはキリスト教の教えが根底にあるということでしょうか。
それぞれの子どもを尊重することによって、本来保育に必要なことをしっかりと提供しています。
安心して保育園に通うことができる環境作りがしっかりと為されていて、小さい子どもを通わせやすいのではないでしょうか。
東京23区外ですから落ち着いた雰囲気の中にありますし、子ども中心の素晴らしい保育が期待できそうです。

また東京YWCAまきば保育園は、たんぽぽ広場という子育て支援も行っていますよ。
小さな子どもを持っていると、どうしても様々な悩みを保護者は抱えがちでしょう。
自分たちだけでうまく解消できるわけではありませんし、こういったものが積み重なっていくとどんどんストレスも溜まっていくことでしょう。
結果的に子どもにしわ寄せがきてしまう可能性も否定できませんから、この子育て支援に参加してみるのもおすすめです。
毎週火曜、水曜、木曜日のそれぞれ3時間がこの時間に当てられていますが、特に小難しいことをするわけではありませんから、気兼ねなく参加できるのは嬉しいところです。

もちろんこの保育園においても、他の施設と同じように様々なイベントを用意しています。
子どもが最も楽しみにしていると言っても過言ではないクリスマスイベントもありますが、キリスト教を重んじているだけあって本格的かもしれません。
そして元気いっぱいの子どもの姿を見ることができる運動会も毎年開催されています。

保育園の在り方は、昔以上に多様化していますよね。
東京YWCAまきば保育園のようなところもあれば、ハッピーマムのような幼児教育に熱心に取り組んでいるところもあります。
双方の保育施設とも魅力を感じさせてくれますが、のびのびとした子を育てるのであれば東京YWCAまきば保育園を、
そして小さいうちから英語や体操などに親しませたいのであれば、ハッピーマムを利用するのも良さそうですね。

未分類

西東京雲母保育園は東京都西東京市に位置している保育園です。
0歳から6歳未満の子どもか通うことができるところで、小学校に入るまでの間この園でのびのび過ごすことができます。
子どもの仕事は遊ぶことです。
今の世の中それすらできないケースが増えてきていますが、西東京雲母保育園であれば思う存分自然とともに過ごすことができ、周りにいる友達と最高の時間を作ることができるでしょう。
とても大事な幼児期を過ごすにふさわしいといえそうですね。

東京都中央区銀座に本社を置く株式会社モード・プランニング・ジャパンが運営していて、この企業は資本金が2億円以上となっているので運営体制も期待できます。
保育園の運営以外にも、ベビーシッターサービスの提供や院内保育関連事業などを手掛けていますし、また株式会社モード・プランニング・ジャパンは日本各地に支社を構えています。
直営保育園の数も東京内外合わせて16を数え、運営ノウハウも有していると言えそうです。
今保育園運営について様々なトラブルが起こっていますが、このように実績があるところであれば安心できますね。

西東京雲母保育園の定員は全部で32人と決して多いわけではありません。
だからこそきめ細やかな保育が期待でき、保護者は大切な子どもを通わせることができるのでしょう。

この保育園の魅力は開園時間にもあります。
まず朝は7時30分から開いているので、朝早めに出かけなくてはいけない保護者の方でも利用しやすくなっていますし、夜についても延長保育を利用することによって、21時まで子どもを見てもらうことができます。
夫婦共働き家庭が増えている現代、このような開園時間はとても助かります。

西東京雲母保育園では重要視していることがいくつかあります。
まずは健康的な体を作るということです。
小さい子であっても大人であっても健康ボディは必要不可欠です。
小さいうちから健康を意識することはとても良いことですし、それに繋がるような保育を実践しています。

そして健康溢れる心を作るということにも力を入れています。
特に大切な時期を過ごすことになるわけですから、これは非常に重要です。
西東京雲母保育園では精神的なことにまで気を配ってくれ、精神面においても健康でいられる工夫が為されています。

他にも重視されていることはたくさんあります。

少し種類は違いますが、ハッピーマムも多くの人に支持されている保育施設です。
ハッピーマムは現代的なカリキュラムを取り入れているので、雲母保育園にはないような魅力もあるかもしれませんね。

未分類

新宿せいが保育園の保育方法について紹介します。
この保育園は年齢別に6つのクラスで構成されていますが、大きく分けて3つのステージがあります。
生まれてすぐの0歳から1歳の時期は、子どもは一人で生活することはもちろんできません。
常に見守り養護する環境が必要です。
子どもが常にリラックスできる環境づくりに努めながら自発性の基礎を養っていきます。
子どもの成長に合わせて0歳と1歳の連動保育を行っています。

それから2歳になると自我が出てくる時期になります。
このころは自己活動を積極的にできるような環境づくりをしています。
親であればわかると思いますが2歳児はとにかく自分の意志を伝えようと必死になります。
時にそれはわがままだったりすることもありますが、決して悪いことではありません。
その時期を特に慎重に大切に保育するため新宿せいが保育園では2歳児クラスの教室は独立させています。

3歳から5歳になると子ども同士の関りがとても広く、深くなっていきます。
社会性を身に付けるのもこの時期ですし、全ての経験が将来に大きく影響していきます。
ひとりひとりの長所を発見しながら誰もが伸び伸びと自分らしさを表現できるような学びの場面を作っています。
また興味や関心も子どものよって異なり選択するという経験を通じて情意面や認知面も養います。

このように新宿せいが保育園は養護と保育を一体化させた非常に充実した保育を行っているということが言えると思います。
子どもが自分らしく輝けるよう、そして自分の意志を持ちながらも相手の立場になって物事を考えられるような強くて優しさ溢れる子どもを育てるサポートをしています。

新宿せいが保育園のように独自の教育理念を持って活動する保育園はたくさんあります。
その中のひとつがハッピーマムです。

ハッピーマムでは他の保育園では学ぶことができないような非常に質の高い学習ができ、人と人とが関わることの大切さ、喜びなども子どもに学ばせてくれる保育園です。
様々な取り組みを実施していますが、食育では食べるものを通じて子どもと子ども、子どもと大人、そして生活や環境とのつながりを学習していきます。
上手にできなくても食事を作るという行為は、たくさんの知識や経験を子どもに身に付けてくれます。
それは社会性や協調性、柔軟性や理解力など様々な場面で才能として発揮されます。
マナーを身に付けることは文化を理解し何かを考えるという力もどんどん育てることができます。
一時的に行うのではなく、たった少しの時間であっても続けていくことが将来の子どもたちにとても大きな影響を与えてくれるはずです。

未分類

新宿こだま保育園は、「やってあげる保育から見守る保育」をモットーに、子どもの成長をサポートしてくれる保育園です。
子どもにとって経験は非常に価値のあるものです。
子どもの時に自分が経験したことは、その後の成長に大きく影響して広い心を養ってくれます。
新宿こだま保育園の保育の特徴を少し紹介したいと思います。

まずは異年齢保育です。
年齢の異なる子どもたちが集団で保育を受けることで、社会性を身に付けることができます。
家庭ではどうしても異年齢の子どもと関わる機会が少なくなってしまいます。
これは子どもにとって可能性を狭めてしまっている可能性もあります。
言葉のやり取りを通じて、自立していきます。
相手が大人ばかりの環境ではどうしても自立を促すことができなくなってしまいます。
探求心や想像力は、幼少期に異年齢の子どもたちを関わることで大きく育まれていきます。

また保育士が中心となった教育ではなく、子どもが主体となった環境スタイルも独特です。
普通は保育士の指示に従って子どもたちは活動しますが、全てがそうではなく自分の意志で選択して保育士がサポートする体制をとります。
これによって判断する力を養うことができ、自分に大きな自信を持てるようになっていきます。
そしてまだ限界ではない段階で諦めてしまうのではなく、限界まで頑張ってやり遂げるという力も身に付けることができます。

大人もそうですが、子どもも経験が何より大きな意味を持つと思います。
毎日の小さな経験が積み重なって、成長するごとに子どもの心が健やかに育まれていきます。
ソーシャルスキルを日々養い、人と接することで自分に自信が持てるということは子どもの将来にとても効果的です。
そしてたくさんのことに好奇心を持つことで、考える力、話す力や伝える力もどんどん身に付いていきます。

こういった教育方針で取り組んでいる保育園にハッピーマムがあります。

ハッピーマムは東京都認可・認証の保育園。
プリスクール、体操教室、リトミックといったプログラムカリキュラムを導入して、子どもの成長にたくさんの働きかけをしてくれる保育園です。

プリスクールでは外国人講師たちと歌って踊って貴重な体験をすることができます。
毎月テーマを決めて、それに沿って子どもたちは取り組んでいくのですが最初は何もわからない子どもたちが回を重ねるごとにどんどん浸透していく姿は両親を感動させ笑顔にしてくれます。
体操教室では運動能力の基礎を身に付けるために最も最適だとされている幼少期に合わせたカリキュラムで非常に効率よく様々な能力を身に付けることができます。
最初は苦手意識の強かった子どもも、いつしかチャレンジすることに意欲的になり、成功を得て自信を身に付けていきます。
またリトミックでは協調性をはじめ表現力や想像力を大きく育ててくれます。
こちらも子どもの成長に合わせたプログラムを導入しているので、最適な学びの環境で子どもはどんどん成長していきます。

未分類

新宿いるま保育園は東京都新宿区戸山にある保育園ですが、国立国際医療研究センターの中にあります。
一般的な保育施設とは一線を画していて、通常保育や延長保育だけではなくて、障害児保育や病児・病後児保育にも対応しています。
もちろん一時保育も可能なので、子どもを持っているあらゆる保護者が利用することができそうです。

特に障害児保育、病児・病後児保育については他の園ではあまり見られないので重宝されているようです。
定員はそれぞれ2人、4人ということなので決して多いわけではありませんが、この保育園は国立国際医療研究センターの中にあるので、いざという時でも安心できそうです。

障害児保育などは定員が少なめですが、通常保育については100名を圧倒的に超える定員数となっています。
0歳から5歳児に子どもを預けることができて、保育士以外にも看護師や栄養士がいる環境が用意されているというのは、何とも心強いです。

ハッピーマムやハイブリッドマムも新宿いるま保育園と同じように素敵な保育施設ですが、これらは系統は全く異なりますね。
どちらが良い悪いという問題ではなく、それぞれ特色があります。

立地的に都バスの国立国際医療センター前で降りれば、すぐそこが新宿いるま保育園ですので、通う際に苦労することはあまりなさそうですね。

様々な年齢の子が在籍しているわけですから、それぞれの子どもに応じた保育が必要になります。
新宿いるま保育園では年齢にあった保育が期待できますし、人的、物的、空間的に優れた保育環境が整えられています。
素晴らしい保育理念や保育方針、目標を掲げている点も評価されているのです。

近所にある戸山公園や甘泉園公、そして箱根山に散歩に行くことが多いみたいで、自然の中で戯れることができそうです。

新宿いるま保育園は平成25年にできたばかりの保育園ですが、運営している母体法人はそれ以前から保育園を長い間運営してきた実績を持っています。

公式サイトにアクセスすると分かりますが、IDとパスワードを入力してログインをすることで、クラスブログを見ることができるようです。
これを通じて恐らく子どもたちの成長の姿を確認できるでしょうから、おすすめだと思います。

ハッピーマムやハイブリッドマムとは違う意味で優れた保育を提供している点は見逃せません。
新宿いるま保育園はとにかく多種多様な保育サービスが提供されているので、保護者にとっては理想かもしれません。