新宿こだま保育園について

新宿こだま保育園は、「やってあげる保育から見守る保育」をモットーに、子どもの成長をサポートしてくれる保育園です。
子どもにとって経験は非常に価値のあるものです。
子どもの時に自分が経験したことは、その後の成長に大きく影響して広い心を養ってくれます。
新宿こだま保育園の保育の特徴を少し紹介したいと思います。

まずは異年齢保育です。
年齢の異なる子どもたちが集団で保育を受けることで、社会性を身に付けることができます。
家庭ではどうしても異年齢の子どもと関わる機会が少なくなってしまいます。
これは子どもにとって可能性を狭めてしまっている可能性もあります。
言葉のやり取りを通じて、自立していきます。
相手が大人ばかりの環境ではどうしても自立を促すことができなくなってしまいます。
探求心や想像力は、幼少期に異年齢の子どもたちを関わることで大きく育まれていきます。

また保育士が中心となった教育ではなく、子どもが主体となった環境スタイルも独特です。
普通は保育士の指示に従って子どもたちは活動しますが、全てがそうではなく自分の意志で選択して保育士がサポートする体制をとります。
これによって判断する力を養うことができ、自分に大きな自信を持てるようになっていきます。
そしてまだ限界ではない段階で諦めてしまうのではなく、限界まで頑張ってやり遂げるという力も身に付けることができます。

大人もそうですが、子どもも経験が何より大きな意味を持つと思います。
毎日の小さな経験が積み重なって、成長するごとに子どもの心が健やかに育まれていきます。
ソーシャルスキルを日々養い、人と接することで自分に自信が持てるということは子どもの将来にとても効果的です。
そしてたくさんのことに好奇心を持つことで、考える力、話す力や伝える力もどんどん身に付いていきます。

こういった教育方針で取り組んでいる保育園にハッピーマムがあります。

ハッピーマムは東京都認可・認証の保育園。
プリスクール、体操教室、リトミックといったプログラムカリキュラムを導入して、子どもの成長にたくさんの働きかけをしてくれる保育園です。

プリスクールでは外国人講師たちと歌って踊って貴重な体験をすることができます。
毎月テーマを決めて、それに沿って子どもたちは取り組んでいくのですが最初は何もわからない子どもたちが回を重ねるごとにどんどん浸透していく姿は両親を感動させ笑顔にしてくれます。
体操教室では運動能力の基礎を身に付けるために最も最適だとされている幼少期に合わせたカリキュラムで非常に効率よく様々な能力を身に付けることができます。
最初は苦手意識の強かった子どもも、いつしかチャレンジすることに意欲的になり、成功を得て自信を身に付けていきます。
またリトミックでは協調性をはじめ表現力や想像力を大きく育ててくれます。
こちらも子どもの成長に合わせたプログラムを導入しているので、最適な学びの環境で子どもはどんどん成長していきます。