新宿いるま保育園について

新宿いるま保育園は東京都新宿区戸山にある保育園ですが、国立国際医療研究センターの中にあります。
一般的な保育施設とは一線を画していて、通常保育や延長保育だけではなくて、障害児保育や病児・病後児保育にも対応しています。
もちろん一時保育も可能なので、子どもを持っているあらゆる保護者が利用することができそうです。

特に障害児保育、病児・病後児保育については他の園ではあまり見られないので重宝されているようです。
定員はそれぞれ2人、4人ということなので決して多いわけではありませんが、この保育園は国立国際医療研究センターの中にあるので、いざという時でも安心できそうです。

障害児保育などは定員が少なめですが、通常保育については100名を圧倒的に超える定員数となっています。
0歳から5歳児に子どもを預けることができて、保育士以外にも看護師や栄養士がいる環境が用意されているというのは、何とも心強いです。

ハッピーマムやハイブリッドマムも新宿いるま保育園と同じように素敵な保育施設ですが、これらは系統は全く異なりますね。
どちらが良い悪いという問題ではなく、それぞれ特色があります。

立地的に都バスの国立国際医療センター前で降りれば、すぐそこが新宿いるま保育園ですので、通う際に苦労することはあまりなさそうですね。

様々な年齢の子が在籍しているわけですから、それぞれの子どもに応じた保育が必要になります。
新宿いるま保育園では年齢にあった保育が期待できますし、人的、物的、空間的に優れた保育環境が整えられています。
素晴らしい保育理念や保育方針、目標を掲げている点も評価されているのです。

近所にある戸山公園や甘泉園公、そして箱根山に散歩に行くことが多いみたいで、自然の中で戯れることができそうです。

新宿いるま保育園は平成25年にできたばかりの保育園ですが、運営している母体法人はそれ以前から保育園を長い間運営してきた実績を持っています。

公式サイトにアクセスすると分かりますが、IDとパスワードを入力してログインをすることで、クラスブログを見ることができるようです。
これを通じて恐らく子どもたちの成長の姿を確認できるでしょうから、おすすめだと思います。

ハッピーマムやハイブリッドマムとは違う意味で優れた保育を提供している点は見逃せません。
新宿いるま保育園はとにかく多種多様な保育サービスが提供されているので、保護者にとっては理想かもしれません。