ハイブリッドマムについて

ハイブリッドマムが提供しているものは保育サービスですが、これだけではありません。
「保護者と子どもの笑顔」のためのサービスを心がけているようです。

通っている子どもに対する教育、食事内容にとことんこだわっていて、尚且つ居心地の良い空間作りも行っています。
そしてそれだけではなくて、保護者へのサービスの質も高くて、驚きなのはWEBカメラを使うことで、保育時の子どもの様子を確認できるということでしょうか。
「保育園に預けるのはいいけど心配だ…」と考えている保護者にもピッタリだといえそうです。
今は父親も母親も働くのが当たり前といっても過言ではないような世の中になりましたが、そんな時代だからこそ保育施設には様々なことが求められます。
子どもを預かって面倒を見るだけではなくて、英語教育を施したりなど、あらゆることが求められていますが、ハイブリッドマムではそれが実現されています。

ハイブリッドマムの保育目標が10個設定されていますが、そのいずれもとても重要なものとなっています。
もしこれらを兼ね備えた人間になることができたなら、完璧な人間になることができるでしょう。
それが難しいことは誰もが知っていますが、ハイブリッドマムの提供している保育内容を見ると、何だかすべてが実現できそうに感じてしまいます。

保育目標の中で特に注目したいのが「コミュニケーションができる人」です。
コミュニケーション能力が今まで今まで以上に必要とされる世の中になっており、できることならば子どものうちから身に着けておくことが望ましいです。

そして「思いやりのある人」も目標とされていますが、これを実現できると、自然と信頼される存在になりますし、結果的に自分にとってもプラスになるでしょう。
他にも、「挑戦する人」「信念を持つ人」なども目標に設定されています。

これからの時代に合ったイマージョン教育を実践してくれますから、子どもが本来持っている力をより発揮しやすい環境が作られるはずです。

ハイブリッドマムだけではなくて、ハッピーマムでも様々な目標を立てて保育にあたっています。
ハッピーマムでは、プリスクール、体操教室、リトミック、そして食育を重視しています。